ベースロードキャピタル 2021年度四半期業績

2月 25, 2022

ベースロードキャピタル(本社:スウェーデン)は2021年第4四半期は既存プロジェクト推進と事業開発、ならびに2022年度の計画策定に注力しました。

第4四半期の業績は、プロジェクトおよび子会社への貸付金の再評価により7520万スウェーデンクローナの赤字となりました。また為替による影響は、スウェーデンクローナが弱含み推移したことにより590万クローナのプラスとなりました

アイスランド

  • 第4四半期は発電所の操業を最適化し、稼働率を最大限にまで上げることに注力しました。
  • 事業開発子会社が推進するEfri Reikirプロジェクトでは、2022年度上半期に掘削を予定しています。

米国

  • 地熱開発ポテンシャル地域を新たに選定し、掘削調査を行なっています。
  • カリフォルニアで推進するWendelプロジェクトでは、2022年度第2四半期にCalifornia Water Boardから排水に関する許認可を取得予定です。

台湾

地熱井の掘削に精通する海外の掘削会社と、長期掘削計画を策定しています。計画では、コスト削減とプロジェクトの進行速度を早めるため、複数の井戸掘削時に同じ掘削機と作業員を活用します。

日本

  • 子会社のベースロードパワージャパンは現在、熊本県阿蘇郡小国で、大規模プロジェクトの第1段となる「山翠パワー」の運転開始に向けて準備を進めています。
  • 岐阜県で新規プロジェクトが開始。既存の井戸をバイナリー発電用に浚渫します。

四半期業績の詳細は下記をご覧ください。

https://hubs.la/Q014VPkT0

Share:

RELATED POSTS

「山翠パワー地熱発電所」運転開始〜地域創生企業、グローバル地熱開発企業、温泉旅館が協働し、地域の熱を活用して地域活性・再エネ促進〜

ベースロードパワージャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役平塚龍太、以下、ベースロードパワー)と、

INTERIM REPORT Q2 -2021

Interim report for the pe […]

Interim Report Q1 -2021

Interim report for the pe […]
1 2 3 7
menuchevron-down linkedin facebook pinterest youtube rss twitter instagram facebook-blank rss-blank linkedin-blank pinterest youtube twitter instagram